日経株価はアジア市場の様々な指数に影響を受ける

日経株価は朝の9時から夕方の3時頃まで相場が動きますが、その間にはアジアの他の各国も同様に市場が動いています。
そのため、日経株価はアジア市場の様々な指数に影響を受けることがあるので覚えておきましょう。
夜間帯だと日経株価は日経先物が動いているわけですが、関連市場としては欧州やアメリカの市場に影響を受けますが、これと同じようにアジア市場では中国やハンセン指数などがとても重要視されます。
この2つの指数はしっかりと動向をチェックしながら投資に挑みたいところです。
かなり重要というわけではありませんが、これらの国々で何か重要な政策や経済の動向があると、暴騰暴落に日経株価がついて行くことがあります。
その日にとりわけ優先すべきネタがない時はなお更の事なので注意したいところです。
また、この日中取引ではアジアの国々の経済指標も発表されます。
国内の経済指標だけではなく、他のアジア市場の経済指標も発表されるので、この点も注意をしておかなければなりません。
この経済指標は日中ではあまり重要視されなくても、欧州タイムなど夜間帯になると材料視されることもあるので、タイムラグがありえることは注意しておかなければなりません。
アジアの他の国々の株価指数はインターネットから投資系の情報サイトを探せばいろんなサイトでリアルタイムから相場を把握することが出来ます。
アジアだけにかからわず、欧州からアメリカまで重要度が高い国の株価指数をまとめて提供しているサイトなんかもあるので、こうしたサイトを一つは抑えておくといつでもしっかりと関連市場の動向を把握することが出来るようになるので便利です。
しっかりと情報を把握しておきましょう。

ページトップへ