大鵬薬品やコモのように株価つく銘柄も

大鵬薬品のように一度は名前を聞いたことがあるような企業の銘柄を調べてみた時に、株価が出てこないということも珍しくありません。
株価が出てこないというのは、大鵬薬品が上場をしていないため値段が出てこないだけあって、株の価値自体は存在していることになります。
ただし、株式市場に上場をしていなければ、株を売りたいとなった時に自ら株を買ってくれる人を見つけなければならないため、換気性に乏しく、逆に買いたいと思っていても売りたい人を見つけるのが困難となってしまいます。

コモはロングライフパンなどを製造している企業ですが、会社の規模も小さく時価総額にしても100億に満たないものとなっています。
上場している市場に関しても、ジャスダックという新興市場であることもあって、それほど注目を浴びている銘柄というわけではありません。
しかし、株式市場に上場をしていて売りたい人と買いたい人がいれば、株を欲しいという時にあるいは売りたいという時に売買をすることができるので、換金性が高く非上場の銘柄と比較しても流動性の面で有利となります。
ただし、コモの場合にはそれほど活発に取引をされている銘柄ではないので、少し大きな売りや買いが入ると株価が乱高下しやすい銘柄となっているので、実際に投資をする際にはその辺のことに注意をして投資をする必要があります。

一時的に高値圏になったり、一時的に低い株価水準になるということは数人の大株主の動向によって決まりやすいので、そのような時に高値で買ってしまったり、あるいは底値で売らされることがないように株価が上昇しているあるいは下落している理由がどのようなものにあるのかということを考えて投資をすることが大切です。

ページトップへ